diary in blue

持たざる者の日記

おしゃれじゃなくても

ヘアスタイルがそれなりで、そこそこいい靴を履いていれば、それなりにおしゃれに見えるのではないか?と、思っている。

流行に疎いわたしは、10年まえから同じ美容院に通いつづけ、同じ美容師さんを指名し、おまかせでカットしてもらう。

美容師さんは、わたしに
「短くするか、伸ばすか、前髪は短く切るか、長めにするか」
それだけ訊くと、自由に切っていく。

ショートボブで、基本的に同じ髪型になる。
でもそれがいちばん似合っていると周りも言うので、気に入っている。

シャンプーは、若手の美容師さんがしてくれる。

シャンプーされているあいだ、どんなことを考えていますか?
私は、ぼーっとしていることが多かったのですが、シャンプーの手順をおぼえ、洗った髪の乾かしかたを注意深く観察し、家でまねるようになりました。
そしたら、なんだか髪の調子がよくなった気がする。

さいきん読んだこの本も、美容室でぬすんだ(?)技がたくさんのっていました。

女っぽさを作る美髪ケアの基本

女っぽさを作る美髪ケアの基本

 

この本を読んでから”「美容室のまねシャンプー」の工程に

  • 洗髪まえにブラッシングする
  • 予洗いを丹念にする
  • トリートメントは3~5分放置する
  • あと1分長くドライヤーで乾かす

を追加しました。
ブラシはマッサージ用ではなくいつものブラシだし、予洗いは2~3分と書いてあるけれど、お湯がもったいなくて約1分なので(今まで、湯船のお湯で濡らす程度だった)書いてあるとおりではないのですが、それでも、洗髪後にローションをつけてマッサージすると、血行がよくなり、じわじわと頭が熱くなるのが感じられ、乾かしたあとの髪がつややかなのが一目瞭然です。

わかりやすく、取り組みやすいことが書かれていて、とても勉強になりました。

もう少し様子を見て、三日坊主の悪い癖が出なかったら、マッサージ用のヘアブラシを購入しようと考えています。