diary in blue

持たざる者の日記

自分のスタイルにまよう

高校生から20代半ばくらいまで、ドゥファミリィのお洋服が好きでした。
お手ごろで、私の理想のスタイルに合っていたのです。

でも、あるとき、ふと「なんだかやぼったいな」と思うようになりました。
背の低いわたしにはサイズが大きく、とくに冬ものなんかは生地が厚いので、体型に合っていなかった。
「好き」と「似合う」は別物だな、と悟った瞬間でした。

手持ちの服から徐々にドゥのお洋服が減っていき、とうとう残り花柄のブラウス1着になってしまいました。

先週、今年はじめてそのブラウスを着たのですが、なんだかしっくりない。
このブラウスに限らず、去年くらいから、持ち越しのお洋服で似合わないものが出てきた。
年をとった、ということだと思う。

似合わなくなってきたら捨てて、なるべく買わない。
買わないのはいいけれど、自分に似合うスタイルってどういうものなんだろう?
最近まよっている。

無印は好きだけれど、自分には無印の持ち味のゆったりサイズよりジャストサイズが似合うようだし、実はモード系も好きなのだけれど、ナチュラルとモードで揃えるとなると、小物とか兼用できなさそうですよね…