diary in blue

持たざる者の日記

あたらしい靴

5年履いたバレエシューズがすっかりくたびれてしまったので、このたび買いかえることにしました。

これまで履いていたのはgirlieloungeのlounge。
バレエシューズ「lounge」|ガーリィラウンジ “テ”
girlieloungeさんではこれまでに4足の靴を買いましたが、履きつぶしたりはかなくなったりで、現在履いているloungeのブラックが最後の1足です。
girlieloungeさんは、中敷の柄を選べるのが楽しい。
靴を脱ぐときに中敷が見えるたび、うれしくなってしまいます。
今回は甲の部分が浅めで、最初低いヒールのついたDorothyにするつもりでいたのですが、ノーヒールで甲が浅いしゅっとしたバレエシューズに憧れていたので、別のメーカーのものを購入しました 。

 別のメーカーなので比較するのはおかしいかもしれませんが、やや甲が深めのloungeに比べると脱げにくいようになのか、ぴったりとした履き心地です。
girlieloungeさんの靴は普段のサイズだとほんの少しだけ大きく、半敷をひいたりしていましたが、これなら大丈夫そう。

若くみられがちなため、ちょっと大人っぽいバレエシューズをと思っていたので、すっかり気に入ってしまいました。

Odette e Odileの靴ははじめてでしたが、他の靴も履いてみたくなりました。

repettoのバレエシューズもいつかは手に入れたいなあ。