diary in blue

持たざる者の日記

今年最後のお買いもの

スカートを買いました

去年お店で試着したものの、ふんぎりがつかず見送ったキルトスカートを、今年、とうとう買いました。

冬のスカートは巻きスカートを1枚だけ持っているのですが、メルトン地なので、ほんとうに寒い冬のときしか着られず、もう1枚、晩秋くらいから着られるものがほしいと思っていました。
ただ、これを買うとふたつとも巻きスカートになるので、かなり迷いました。

結局決め手となったのは、薄手の生地であることと、グレーでたくさん着回しできそうであることの2点。

あと、店員さんの「メンバー登録すると1000円分のポイントがつくのでお安くなりますよ」という魅惑のことばに背中を押されました。
http://bshop-inc.com/news/8373/
(15日までのキャンペーンのようです)

たくさん着るかどうかを考えたい

今年は、1年の被服費をあらかじめ決めておいて、その中でやりくりしようと決めていました。

去年は「今年は3着まで」と枚数で決めていたのですが、結局4着買ってしまい、しかもそのうち1着は、おそらく今年はもう着ないと思われます。
とてもむだなことをしてしまったと反省しています。
どうせ買うなら、購入する量にこだわらず、安くてもへたるまでずっと着られるものを
買ったほうがいいと考え直しました。

そんなわけで、身につけるもの、すべて合わせて、今年は計19点購入しました。

今年いちばんお安かったのは無印の3足990円の靴下(3点)、高価だったものは、上記のキルトスカートです。

被服費はまだ少し残っていますが、下着をだめにしたりタイツが破けたりしたときのためにとっておこうと思います。