diary in blue

持たざる者の日記

立派な箱は捨てづらい

 

アクセサリーは、どのように保管していますか?

持たない暮らしをされている方は小さなケースで済むでしょうが、わたしは持たないというほど持っていなくはないので、無印のベロアの仕切りをお気に入りの缶にはめ込んで収納しています。
f:id:sswv:20171022045400j:plain

アクリルケース用・ベロア内箱仕切・格子・グレー 約幅15.5×奥行12×高さ2.5cm | 無印良品ネットストア

f:id:sswv:20171022045716j:plain

アクリルケース用・ベロア内箱仕切・縦・グレー 約幅15.5×奥行12×高さ2.5cm | 無印良品ネットストア

小さな仕切りのものにネックレス、ピアス、指輪を、大きな仕切りのものには、ビーズのネックレス、ブローチを入れています。
これらを2段に重ねると大好きな缶にぴったり収まるので、とても気に入っています。

自分で買うものはチープなので、化粧箱のないものがほとんどなのですが、譲り受けたもの・プレゼントの中には立派な化粧箱に入っていたものもあります。
木箱で内側が革張りのものなどは、何かに使えないかなと思うくらい上等です。

でも、何にも使えないですよね…

なぜかずっと化粧箱とその外側の紙箱を、まとめて箱に入れ、押し入れに大事にしまっていました。
何もない空間を何もない空間で包む入れ子式のむだな空間を押し入れに作っていたのですよね。
それに気づいて、冠婚葬祭用の真珠のネックレスの箱だけ残し(それだけは缶ではなく化粧箱に入れているので)、あとはまとめて捨てました。

以前、プレゼントでもらったものの持て余していたシルバーのネックレスがあり、化粧箱に入れリサイクルショップで売ったら、4000円ほどで買い取ってもらえました。
今後売る予定があるならば化粧箱はとっておいたほうがいいでしょうが、どれもその予定はないので、困らないと判断しました。

立派な箱は捨てづらいけれど、思い切って捨てると、なんであんなもの大切に保管していたんだろうとふしぎでたまりません。