diary in blue

持たざる者の日記

占いのいいところ

1年ほどまえから、「しいたけ占い」を見ています。

わたしは基本的に占いの類をあまり信じていませんが、雑誌の星座占いのページは好きだし、あの有名なおばさんの占い本も毎年立ち読みしたいタイプです。

雑誌の占いページは、自分の星座だけではなく、他の星座もチェックします。
毎週楽しみにしている「しいたけ占い」も、自分の星座以外に2, 3つ、別の星座をチェックします。

占いを見ていると、自分は誰かに背中を押してほしいんだな、ということに気づかされます。
当たっているとか当たっていないとかではなくて、自分の考えをまとめたいとき、占いは自分に助言してくれているような気がする。
だから、他の星座の箇所に書いてあることでも、自分に当てはまることや、悩んでいることにぴたりとくることがあれば、自分へのアドバイスとして捉えていいのではないかと考えています。

「しいたけ占い」の今年の下半期は、複数の星座で「前進するとき」というようなことが書かれています。

わたしも、もしかすると来年、自分の置かれる環境が大きく変わるかもしれない。
岐路です。
尻込みして結局動かなかったこれまでの自分と決別し、そのときがきたら、大きな一歩を踏み出したいと思っています。