diary in blue

持たざる者の日記

ひっこしのじゅんび

家を決める

生まれてはじめて、ひとりで不動産屋へ行きました。

いくつか物件をみて、最後に見たオートロックつきのマンションがとてもよかったので即決したのですが、決めたときにはなんとかなるだろうと思っていた通勤時間がきついのではないかと不安になりはじめ翌日キャンセルしてしまいました。

家賃をもう少しあげないといいところが見つからないと思い、5000円あげて再度探し、今度は一晩よく考えて決めました。

手数料などいろいろ含めると、思っていたよりも高い値段だったのでびっくりしました。

電化製品を買う

後日、電器店にも行き、冷蔵庫、洗濯機、オーブンレンジ、テレビ、ガスコンロを買いました。

電器店は比較的近い場所にあるので、2度ほど下見をしました。
テレビは24型にするか32型にするかでまよっていたのですが(32型にしました)、他のものはほぼ決めて買いに行きました。

オーブンレンジは解凍とオーブンが使えればいいと思っていたので、ターンテーブルのいちばん安いものを購入するつもりでいたのですが、いろいろ説明を受けて、7000円ほど高いフラットテーブルに決めました。

冷蔵庫も、年間電気量が8050円、138Lで49800円の新製品にするつもりでいたところ、年間電気量8100円、138Lで50500円のものが少々古く、新製品より安くできるといわれ、色も後者のほうが好みだったので、そちらに変更しました。

見た目も大事だけれど

冷蔵庫と洗濯機は、大好きな無印良品の家電のほうが実は価格が安かったです。

でもよく見ると、省エネ基準達成率は電器店の商品のほうが高いので、これからずっと使うことを考えて、電器店の製品に決めました。

たいして変わらないのかもしれませんが、電気代を抑えられるほうにしました。

これからの生活に向けて

わかってはいたけれど、ひっこしはお金がかかります。

テーブルや食器はいまあるものを使う予定ですが、現時点で40万円ほど使いました。

低賃金、ノーボーナスで働く身としてはかなりいたい出費です。

4月からは賃金がわずかばかり上がりますが、家賃光熱費を払わなければならなくなり、お金のことをもっとシビアに考える必要があります。
増やすことも学んでいきたいです。